« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

紅葉狩り2

Photo_12

室堂の紅葉です。天気はすごくよかったのですが、やはり風が冷たくてじっとしていると寒かったです。ここからは、立山連峰の雄山や剣岳、大日岳などか間近で見ることができます。本当に雄大です。感動で胸が震えるくらいです。(大袈裟カナ・・・)

Photo_13

みくりが池です。室堂駅からちょっとだけ歩きます。一見ただの池に見えますが・・・・だたの池かなcoldsweats01

でも立山連峰が水面に映ってとてもきれいです。

Photo_14

みくりが池まで来ると、もう硫黄のにおいがぷんぷんします。もう少しがんばって歩くと、地獄谷が見えます。もう煙も上がって、谷の周りは硫黄で真白&黄色です。

もっとがんばって歩くと、地獄谷の中を歩ける遊歩道(橋)があります。が、そこまでの気力はありませんでしたcoldsweats02そこまで想定してなかったんですよ。

立山は立山信仰ってあるくらいですし、とても神秘的。なにより雄大で感動です。

しかし、とにかく疲れました。そのあと来たように戻って、下界に着いたのはPM4:00くらいでしょうか。たったあれだけ歩いただけなのに次の日は体がだるくてだるくて・・・眠くって仕事にもならないくらいだったdespair

空気が薄いとか関係あるんでしょうか?なんせ高山なので木も大きく育たないし、花は小さいかわいらしいものばかり。夏はそれが一面に花畑を作ってそれはそれはかわいらしくてキレイなんです。(何十年か前に見たっきり)

紅葉もとてもよかったですが、次回は夏に花畑を見に行こうかな。

もう少し早く行って、ちゃんと地獄谷も歩いてみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

紅葉狩り

 Photo_8                                 

19日、日曜日、実家の母にせがまれ、わが富山県の立山室堂に紅葉狩りに行ってきました。娘2が学校で弁当作らなきゃならないのに、母は「あんたのサンドイッチ食べたいから作ってきて!」と言われ、朝からなんや慌ただしくて、出かけてからカメラ忘れたことに気づき・・・

というわけで、映像はすべてインターネットからいただいたものです。がホントにそのままですので、立山の景色の雄大さや美しさは、わかっていただけるものと思います。ちなみに、最初の映像は室堂夏の風景です。

富山駅に母を迎えに行ったのが、AM9:00ごろ。そこから車で1時間弱で富山地方鉄道立山駅に着きます。そこで立山ケーブルに7分乗り、美女平から高原バスにのり、約50分で室堂につきます。室堂から遊歩道(と言いながら階段登り降りで結構キツイ)を歩くと、みくりが池や、地獄谷がすぐそこにあります。

Photo_9

Photo_10

バスの道路脇はブナの木や立山杉が見られます。

Photo_11

称名滝は、日本一落差のある滝だそうで、バスはこの滝が見えるところで、ゆっくりゆっくり乗客に滝が見えるように動いてくれます。

バスに乗っただけでも、十分美しい紅葉や自然の雄大さを感じることができます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

自分のこと好きですか?

ある学校の「保健だより」で、言葉遣いのことやら、友達との関係やらのことがのっていて、その中に「自分のこと好きですか?」という問いかけがありました。同僚の人に「みどりさん(仮名)、自分のこと好き?好きそうだよね。」と言われ・・・う~んそうかな?まあ嫌いではないと思うけど・・・・と考えてしまった私。ちなみにその同僚は自分が大っ嫌い!だそうで。

家に帰ってから、娘1に「ねえ、○ちゃん、自分のこと好き?」ってさらっと聞いたら・・・

「大好きsign03

と即答!

ちょっと驚いた私は「なんで?どの辺が?」と聞くと

「うちみたいに完璧な人間は他にはいないよhappy02

だって。

「あんた完璧なら、なんで○○高校(県内1の進学校)受験しなかったの?」

「あそこは勉強ばっかりで、部活動できないからだよ」

・・・この前の演劇コンクール、○○高校は県大会代表になったんですケド・・・(ちなみに娘の高校は○○高校からみて勉強のレベルが5・6番目)

まあそれはともかく、そうやって自分のこと好き!って言えるってことは今とっても楽しくて充実しているんだろうな~っと思ってなんだかほっとしてうれしくなってしまいました。

そして、娘2が帰ってきたとき、「△ちゃん、自分のこと好き?」

少しマジメ顔で聞いてみると・・・

ちょっと首をかしげて一瞬考えてから

「人間はみんなそうなんじゃないsign02

・・・・・クールにそう答えた中1女子。

なんか、なんか、深い・・・

娘1は今はバカみたいに明るいけど、中学生時代は絶対自分のこと好きなんて思ってなかったと思います。勉強も全くと言っていいほどせず、部活動もそれなり。いろんなこと悩んで、自分が見えず、もがいていたように思います。小さいころから繊細ゆえにいろんなことがありました。でも今は部活に燃え、勉強もそれなりにがんばって(やりなれてないからなかなか大変のようですが)人生がとても楽しそう。

娘2も小学生時代は友達ができず、いつも一人。4年生のころはクラスの女子に無視され、いじめられ、家では泣いていました。幸い学校ですばやい対応をしてくださって、高学年のころには友達もできてなんとか楽しく過ごしていたようですが・・・。でもまだまだ思春期。友人とのトラブルや部活など悩みはちょこちょこあるみたいですけどね。

でも、そんな2人が今こうやって自分のことをちゃんと見れているような感じで母としては本当にうれしいweep

それにしても、娘2の答えはなんか考えさせられるな~。

自分が大っ嫌い、って言った同僚も別にとても明るくていつも楽しそうだし、本当に自分が嫌いな人ってもっと暗かったりそれこそ自殺なんて考えたりしちゃうんじゃないでしょうか。なんだかんだいっても自分のことそれほど嫌いじゃなくてむしろ好きだから、毎日何事もなく過ごせるんじゃないでしょうか。そんなことを、彼女の一言で考えてしまいました。

人間は本当は自分のこと好きなんだsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

やってみました

Photo_3

やってみました。ハロウィン仕様sign01玄関の飾りです。

今までちょっとお花とか、頂き物の置物とか、を適当に置いていただけで、一応クリスマスだけは自分で買ってきたもので飾ってはいましたが、念願のハロウィン仕様、・・・でも、ものすごい適当です。

ディズニー・ジャックのボウルは昨年のバザーで購入したもの。

あんまり実用的ではないので来年のハロウィン飾りに使うぞ!と決めておりました。で、花屋でちっちゃいかぼちゃ(本物です)を買って、100均でその他の籠やら造花やらを買って、テキトーに組み合わせてみました。

お花は昔、半年ほど習いましたが、どうも自分には合わず、(お茶は結構長いこと通ったんですが・・・どんな鉢植えも即枯らしてしまう体質?が悪いんでしょうか。)生け花はほとんどしません。そこで簡単なオブジェ??みたいのに挑戦しようかなっと。しかも自己流、オレ流happy01

これからもその季節、時節にあったものやってみようかな、と思っています。

100均中心、オレ流でgood

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

がんばれカターレ!スポーツの秋

日曜日、富山のJFLサッカーチーム「カターレ富山」の観戦に行ってきました。

JFLってなに??よくわかりませんcoldsweats01

が、とにかく富山県にある、スポーツのプロチームです。今年4月にできました。

今そのJFLで4位5位を争っていて、4位以上は来年J2にあがれるそうです。

瀬戸際です。J2の次がJリーグなんですよね、たぶんcoldsweats01

職場のあっせんで、安くチケットが手に入ったのと、会場がうちから車で10分ということもあり、友人と行ってきました。

結果は4-1で圧勝!!

フォワードの長谷川って選手がハットトリックを決めました。(全部ヘディング)

地方リーグなので、近くで見られるし、点数がよく入ったのでおもしろかった~

ちゃんとサポーターもいて、テレビで見るJリーグと同じように応援していて、

盛り上がってて楽しかったです。

最近こういうクラブチームのリーグが結構いろいろあって、それぞれ盛り上がっているみたいですね。

富山にも野球の「富山サンダーバーズ」、サッカーの「カターレ富山」、バスケットボールの「富山グラウジーズ」と3チームあります。

サンダーバーズは、北陸リーグで優勝したんじゃなかったかな?

なんにせよ、こういうことで地元が盛り上がるのってとてもいいことだと思います。

田舎だからと卑屈に考えず、地元が活性化され、盛り上がって日本全体が盛り上がってってことにつながればいいなあ、なんて。

今本当に暗いニュースが多いですからね。政治にしても経済にしても。

難しいことは全然わかりませんが、政治家の人たちにはもっと日本を好きになってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々にこれ以上ないくらいに感動!!

今日は、娘2と映画に行ってきました。

「パコと魔法の絵本」です。

なんというか・・・・

こんな映画は初めてで、久しぶりに心の底から感動しました

話の内容にもですが、こんな映画を邦画で見られるとは・・・・

エクセレントsign03

と叫び・・・たくはないな。でも心の中はそんな感じでいっぱいです!

中島哲也恐るべし・・・

そして私・・・不覚にも・・・泣いてしまいました。映画館で。

人前でというか、映画館とかで泣いたことないのに・・・。

どんなに感動的な映画でも、本当に泣いたことないんです。

でも、でも、止めることできないんです。

流れ落ちるのをひっしに止めるだけ。

気を緩ませたら号泣していたと思います。

笑いどころも満載!それがまた涙を誘うのかもしれません。

パコは本当に本当に天使みたいなんですheart02

いや、あれは本当に天使に違いないshine

そして画の美しさflair

自分もあの世界にいつの間にか入ってしまったような感覚になります。

中島哲也恐るべし・・・

本当に久々にこれ以上ないくらいおもしろかったです。

なんていうか・・・

大人ってなんか悲しい生き物なんだな~なんて思ってしまいました。

そう、大人って本当はいろいろできるのに、何にもできなくなってしまうのです。本当はもっといろいろできるのに・・・・なんて思ってしまった私。ちょっと感傷的すぎるかな。

・・・これは思いっきり個人的な感想です。許してくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »