トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

しゃばけ

Photo とうとう映像化されると聞きました。

おおっ、うれしいじゃありませんか。

この本に出会ったのは、読書好きの長女(中3)が学校の図書館で読んで

「おもしろいよ!」といって回してくれたもの。

(ごめんなさい。司書の先生)一気に読んでしまいました。

読みやすいし、ストーリーはおもしろいし、登場人物(?)がいいですね~。

主人公が大店の若旦那、でも超ひ弱。常に寝込んでいる。

主人公の周りにいるのが、心優しき強き妖(あやかし)たち。(強くないのもいるけど)

そんな若旦那が、妖たちと一緒に花のお江戸のいろんな事件を解決したり、いろんな

問題に立ち向かったり。読んでて本当に楽しくて心が癒されます。

江戸の町の様子も伺えたりしてね。でも大金持ちだからいい部分だけどね。

私のお気に入りは、家鳴(やなり)。

ちっちゃい妖で、子鬼みたいな感じで、普段は部屋の天井の隅の方なんかで、

キャワキャワって鳴いている。

自分の家で独り、静かなところで本なんか読んでると、突然上のほうで

「ビキッ!」 「ぱきっ!」 なんて音がしたことありませんか?

新しい家は木がまだ動いているからよくなるそうなんですが、築7年目の

うちでもまだなります。

そんな音がしたら、家鳴が鳴いているのかなぁ、なんて思ってしまうのです。

この本は、シリーズ化されていて現在6冊目が発売されたところ。

家鳴の若旦那との出会いを書いた絵本もあります。

これがまたかわいい!

せこい私は、図書館で読んで、文庫本になってから購入してまた楽しんでいます。

秋のスペシャルドラマでは、若旦那役がNEWS(ジャニーズ)の手越くんがする

ということ。(私はジャニーズ好きのおばさんでもある。)

う~んなんか合ってるかも。どういう感じになるのか。

でもドラマはドラマとして楽しみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

辛すぎる現実、でも目の前の現実

大切な人を失ってしまいました。

友人というより、人生の目標でもあったその人・・・

年賀状はきたものの、半年以上連絡がないなあと思っていたら

別の伝から病気療養中だと聞かされ、すぐに連絡したら

「昨日入院したの。」といつもの彼女からは想像も出来ないような

弱々しい声。お見舞いに行きたい、と言ったら

「ちょっと調子悪いからよくなったら電話する。」

でも、一週間たっても連絡がないから無理やり

「行くね。」と言って行ったのが、8月4日。

内臓が弱ってるから、と絶食していて点滴での栄養でしたが、

思ったよりしっかりしてるし、起き上がって歩くこともできるし。

本の好きな彼女のために何冊か持っていって、

「また来るね。またいくつか持ってくるね。」と言って別れました。

バツ一で、子どももいない彼女は、母親がお世話しているようでした。

すぐまた行こうと思いながら、お盆やらなんやらで行けず、今日25日の土曜日に

行こうと思って、21日にメールを打ったのに返事がありません。

病院に電話してから行こう。と思っていた木曜日。

知人から亡くなったとの電話。

それから、通夜、お葬式と参列しました。

通夜の時にはあまりにもつらくて涙が止まらなかったから、

お葬式の時には、少ししっかり送ってあげようという気持ちで行ったけれど

やっぱり泣いてしまいました。

見送ってあげたら、ちょっと気持ちが現実に戻ってきましたが、

それまでは、普通に振舞っているつもりでも

今自分がいるのは夢なのか現実なのかわからず、

顔をたたいたり、娘につねってもらって痛みを確認したり・・・

直腸がんでした。

年末に具合が悪くなって入院したときにはすでに手遅れだったそうです。

46歳でした。

彼女は普通の友人ではなく、私の人生観を変えてくれた人。

彼女のおかげで、夫(夫とも仲がよかった)と結婚し、今ものすごく幸せです。

常にかっこよく、気丈で若々しく、おしゃれで。

おいしい店を見つけたら、「○ちゃん、食べに行こう。」と誘ってくれました。

私はいつも彼女のようになりたいと思いつづけていました。

なんで、もっと早くもう一度行ってあげなかったんだろう?

これから、いったいどうすればいいんだろう?どう生きればいいんだろう?

本気で考えてしまいます。ちょっとしたことで涙が込み上げてきます。

でも、現実は目の前にあり、家族がいて仕事があって・・・いつの間にかそんな気持ちも

忘れてしまうのかな?

書道の先生だった彼女が、新築祝いに書いてくれた掛け軸が大切な形見になりました。

| | コメント (1)
|

さあて、のんびり始めるか

このブログを始めようと思ったきっかけは、外でもブログしてるんだけど、

なあんか、日常の出来事をづらづら書くだけで、

もちろんそれでいいんだけど、好奇心だけちょっと旺盛な働く主婦としては、

日常の出来事のほかに趣味のページも欲しくて

でも、そういうの書いてもコメントないし、(まあいいんだけど)

こっそり自分の世界に浸るのもいいかな~と思ったわけです。

趣味って言ってもたいしたことなくて、

舞台見るのすきとか、読書するようになったとか、連ドラ&芸能界ネタ(偏ってるけど)

好きとか、マンガもやめられないぞ、手話もやってるぞ、

というなんのみゃくらくもなく、だらだら好きなことしているだけで、

まあとにかくちょっと自分のワールドを語ってみようと、

しかも黙々とってのはどうかな?

では、今日はたったこれだけで。

まず、次回は何から書こうかなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2007年9月 »